Moisture Gel モイスチャーゲル

シャンプーだけではまだ安心できない。その先を見据えた大切な2つの行動

「乾燥」がもたらす、負の連鎖を断ち切る。

1日、たった「10分」の習慣で未来を変える。

今、人気の「洗い流さないトリートメント」って
あまり知られていませんが、シリコーンが配合されているものが多く出回っています。
「シャンプーはノンシリコーン、でもトリートメントはシリコーンがたっぷり」
これって、違うような気がするんですね。

大切なのは
頭皮と髪の毛を優しく洗うこと。

このことを実現するためにINZEALシャンプーは、
頭皮や髪への刺激になりやすい石油系合成界面活性剤を一切使用していません。
同時に洗いあがりにきしむことがないよう、良質な洗浄成分である「アミノ酸系」にこだわり、
シリコーンを配合しなくても良い「ノンシリコーンシャンプー」として開発しました。

ただ、こういう話だとシリコーンが悪者という風に捉えられるかもしれませんが、
シリコーンには、髪の毛にツヤを出し、サラサラとした指通りに整えてくれる働きがあります。
それは使う人が何を求めているかによって違いがあり、シリコーン自体は決して悪い成分ではありません。

ただ、私たち男性にとって、
シリコーンは必要なのか?

髪のツヤやサラサラした指通りは、女性ほど重要でしょうか?
シリコーンは必要でしょうか?
せっかくノンシリコーンシャンプーで洗った後に、
あえてシリコーンをつけることに私は違和感を覚えてしまうんですね。

我々、抗う男たちが必要とすること。

それは洗髪後のキレイになった
「頭皮」と「髪の毛」を守っていくこと。

健康な育毛環境を維持していくこと。これに尽きます。そのためには
頭皮と髪の毛に潤いを与え乾燥から守り抜き、
潤い不足によるさまざまなリスクを避けることが必要なのです。

負の連鎖

抜け毛は、ナゼ起こる?

頭皮の乾燥によって抜け毛が発生するメカニズムを理解するには、まず「ヘアサイクル」について理解すると分かりやすいかもしれません。ヘアサイクルとは髪の毛が生えてから、抜けて、また新しい髪が生えてくるまでの周期のことで、周毛期とも呼ばれています。髪の毛は毛包によってつくられますが、この毛包は成長期(2~6年)、退行期(約2週間)、休止期(3~4ヵ月)のいずれかの状態にあり、正常なヘアサイクルを保つのに重要な役割を果たしています。しかし、ヘアサイクルが乱れると成長期が短くなり、毛髪が抜ける時期が早まってしまうのです。通常のヘアサイクルであれば1日に抜ける髪の量は50〜100本程度と言われていますが、ヘアサイクルの乱れはそれ以上の抜け毛を招いてしまいます。

抜け毛を予防するにはヘアサイクルを正常に保つことが重要であることがお分かりになったと思いますが、頭皮の乾燥は、ヘアサイクルを乱す原因のひとつと考えられています。

抜け毛の根源となる乾燥

乾燥から頭皮・毛髪を守ることは、ヘアサイクルを正常に保ち、抜け毛を防ぐことにつながります。しかし、頭皮や毛髪は乾燥のリスクにさらされているのをご存じでしょうか?エアコン、紫外線、ドライヤー、洗い過ぎ、ブラッシングのしすぎ、加齢、喫煙、睡眠不足などが、頭皮と毛髪の乾燥を招く原因と考えられています。
健やかな肌の状態を保っている場合、外部からの刺激を防ぐバリアのような役割を果たす角質層と呼ばれる部分にはおよそ約20%程度、角質層より内部にある表皮や真皮では約70%程度の水分が含まれています。

図のように潤いがある角質層と、乾燥した角質層のイメージ構造を見比べてみると、皮脂膜と角質細胞に隙間ができ、水分が外へと逃げ出していっている様子がよくわかると思います。また、皮脂膜は皮膚内部の水分を閉じ込めておくだけでなく、外部からの刺激を遮断するバリア機能を果たしていますが、この皮脂膜のバリアが手薄になることで外部からの刺激が皮膚内部に到達しやすくなります。セラミドなどで構成される水分保持を担う細胞間脂質をも減少させ、乾燥を加速させてしまうという負のサイクルに陥ってしまいます。

頭皮は髪の毛に守られている分、潤いが保たれやすい環境ではあるものの、人間の皮膚は1枚でつながっているため、皮膚の乾燥化が進めば頭皮の乾燥も進行しているといえます。皮脂膜によるバリア機能が低下した頭皮は、外からの刺激が毛根に損傷を与え、結果的に抜け毛の原因となってしまいます。

乾燥のサインとは?

頭皮が乾燥している状態は、なかなか気づきにくいものです。しかし、乾燥が進行すると出てくる症状があります。その症状とは、フケやかゆみ。
皮脂によるバリアが低下すると、外からの刺激として細菌も繁殖しやすくなります。細菌はかゆみや炎症を引き起こすため、角質がフケとなってどんどんはがれ落ち、頭皮はさらに乾燥、弱体化していきます。
乾燥フケは、脂性フケとくらべてベタつきがないため、肩につもりやすいのが特徴です。正常なターンオーバーが行われていればフケは誰にでもあるものですが、目立つほどフケが発生した場合は、乾燥を疑った方がよいでしょう。

乾燥によって、髪の毛のキューティクルも剥がれ落ちる

これまで頭皮の乾燥について解説しましたが、髪の毛も乾燥に対しての注意が必要です。健康な毛髪の水分量は12〜13%程度に保たれており、乾燥が進むとハリ、ツヤ、しなやかさが失われ、切れ毛、枝毛などのダメージヘアとなってしまいます。髪の毛の乾燥を守り、光沢や柔軟性を保つのは、髪の表面を覆うキューティクルというウロコのような組織ですが、乾燥によってめくれ上がったり剥がれ落ちやすくなったりして、ダメージはどんどん深刻になっていく傾向にあります。

また、キューティクルは傷むと水分はもちろん、水分を蓄えるNMF(Natural Moisturizing Factor=天然保湿因子)、さらには毛髪を構成するタンパク質、髪を染めた色素も流出しやすい状態になります。キューティクルは一度壊れると再生できないため、すべての原因となる乾燥を防ぐことが何より大事になってきます。

浸透型 ヒアルロン酸

浸透型ヒアルロン酸 ヒアロオリゴ
4つの優秀ポイント

浸透型ヒアルロン酸「ヒアロオリゴ(R)」は、頭皮や髪の毛まで浸透できるようナノサイズまで微細化した低分子型ヒアルロン酸。これまでのヒアルロン酸と比べても、すみずみまで潤いを補給することができます。また、従来のヒアルロン酸は肌表面を覆うだけであったため簡単に洗い流されてしまいましたが、「ヒアロオリゴ(R)」は角質層に浸透し、留まるため髪を洗った後も潤いが持続。さらには保湿力も約2倍とこれまでのヒアルロン酸の常識を覆しました。
「INZEALモイスチャーゲル」にはヒアロオリゴ(R)のほか、紫外線や冷房などの乾燥による外的環境ストレスから髪を守り、潤いを与える「ワサビノキ種子エキス」や、ドライヤーの熱によって髪の毛に強固な皮膜を形成して髪を保護するとともに滑らかに整える「(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク」など、各種天然由来の潤い成分を贅沢に配合しました。頭皮と髪の毛の潤いを補給・保持することで、抜け毛の原因となる乾燥を防ぎ、頭皮環境を健やかに保ちます。

  • 1.角質層に深く浸透
  • 2.通常の約2倍の保湿力
  • 3.潤いがずっと続く
  • 4.髪に深く浸透

成分表

  • 水(特殊水)
  • 変性アルコール
  • BG
  • PCAイソステアリン酸PEG-60水添 ヒマシ油
  • ヒドロキシエチルセルロース
  • グリセリン
  • (ジヒドロキシメチル シリルプロポキシ)
    ヒドロキシプロピル加水分解シルク
  • アルニカ花エキス
  • オドリコソウ花エキス
  • オランダガラシ葉エキス
  • キハダ樹皮エキス
  • ゴボウ根エキス
  • ジヒドロキシプロピルアルギニンHC
  • I ジラウロイルグ ルタミン酸リシンNa
  • セイヨウアカマツ球果エキス
  • セイヨウキズタ葉/ 茎エキス
  • セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル
    加水分解エンド ウタンパク
  • ダイズ種子エキス
  • テトラデカン
  • ニンニクエキス
  • ヒキオコシ 葉/茎エキス
  • ヒドロキシプロピルトリモニウム
    加水分解ケラチン(羊毛)
  • フェノキシエタノール
  • ローズマリー葉エキス
  • ローマカミツレ花エキス
  • ワサビノキ種子エキス
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • ベルガモット果実油

頭皮マッサージ

効果的なジェルの使用方法

適量を手にとり、洗髪後のタオルドライした髪や乾いた髪になじませます。その後、ドライヤーで乾かして下さい。洗い流す必要はございません。また、洗髪後、タオルドライした後、頭皮にもみこむようにマッサージして下さい。石鹸で手を洗わずとも、水だけで手の滑りを取り除くことができます。

使用料の目安

頭皮マッサージの仕方

頭皮は非常に血流が多いため、その流れを良くすることが髪の毛を育てる、抜け毛を防ぐ最高の環境となります。
ガチガチに硬くて動かない頭皮だと、血流が悪くなり髪の毛に十分な栄養が行き渡らず抜けるといった悪循環となります。想像してください。
耕されていない荒れ果てた畑で豊かな農作物が育ちますか?
頭皮だって同じです。だからこそ、日ごろから(毎朝晩)の頭皮マッサージで髪の毛に十分な栄養を送りましょう。

  • 1.頭全体を、両手で揉む
  • 2.前頭部を揉みほぐす
  • 3.頭頂部を、寄せるように揉む
  • 4.側頭部を挟むように揉む
  • 5.後頭部をほぐす